こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

外観

誰もが知る日本の古都、京都。美しい景観を求めて国内外の観光客が訪れる一大観光都市でもあります。近年その景観を守るため、景観地区を定めて個人宅を含めた建造物にも一定のルールが求められるように。京都で注文住宅を建てようとする場合も、その基準はクリアしなくてはなりません。
本記事では、京都における建造物の外観についてその重要性を説明するとともに、京都に溶け込みながらもおしゃれなデザインの注文住宅をご紹介します。京都で注文住宅を建てる計画をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

京都の注文住宅の中でも、外観デザインにこだわりが光るおしゃれな注文住宅を紹介します。

京都らしい外観の建物が求められる景観条例

京都の歴史的な街並みは、日本の急激な経済的発展とともに、たびたび脅かされてきました。美しい景観にそぐわない看板や、眺めを遮る高さのマンション建設計画が立てられるなど、何度も景観にまつわる問題が発生し、その度に裁判などのトラブルが発生していたのです。景観問題に対する取り組みは、観光都市京都としても取り組まなければいけない課題でした。
現在京都市は、全国的に見ても非常に厳しい景観条例を施行しています。この景観条例では、個人宅であっても例外なく規制対象です。京都で注文住宅を建てる場合は、外観を京都らしく整えなくてはなりません。
逆に言えば、景観条例を守るからこそ京都の景観は美しく保たれ、都市としての価値を高めているとも言えるのです。

京都市の景観政策5つの柱

京都市では、古都の街並みを保全するための景観政策として5つの柱を挙げています。京都市が景観についてどのように考えているかがよく分かりますので、簡単に説明しましょう。

《建物の高さ》
京都の市街地から北山・東山・西山の眺めが遮られないように、高度地区を指定。高度地区では10mから31mまで、6段階の細やかな高さ制限が決められています。

《建物などのデザイン》
風致地区や景観地区、建造物修景地区などを細かく区分け。その地区特有の景観を損なわないデザインになるよう細かな規定があります。注文住宅を建てる際に、もっとも関係の深い施策です。屋根や壁の素材などとても細かく決まっています。

《眺望景観や借景》
借景とは、造園法の一種で、ある視点から見た場合、目の前の風景と遠くの風景を一体化させてその庭園の一部のようにしてすることです。京都市内で有名な借景には、比叡山を借景とする修学院離宮があります。この借景に余計な建造物が入ってこないよう、38箇所の優れた眺望景観・借景を守るために京都市では「眺望景観創生条例」が制定されています。

《屋外広告物》
簡単に言えば、派手な色遣いの屋外広告物は基本的に禁止です。京都市内では、景観保全地区ではコンビニもブランドカラーを使わず、条例に基づいた色合いにしています。立て看板やネオンサインなどもかなり厳しく規制されます。個人宅ではあまり関係がない部分でしょう。

《歴史的な街並み》
京都独特の建築物「京町家」は、京都の歴史的街並みの一翼を担う建造物と位置付けられています。京町家に対しては、保全・再生のための修理・修景などに対する助成制度がある点も京都独特です。

観光名所の近くほど外観に関する規制は細かく決まっている

京都の景観条例について大まかに説明しましたが、分かりやすく説明すると、観光名所の近くほど建物の外観に関する規制は細かく決まっていると考えてください。雰囲気の良い有名寺社の近くにある土地が売りに出されても、自分の思うような建物が建てられない可能性があります。
基本的には和風建築でなければならず、和モダンならギリギリ。エアコンの室外機はカバーして隠すことと定められています。また、真っ白い壁もダメな地区があるなどとにかく細かいので、個人で注意していてもなかなか注意しきれるものではありません。
実際に注文住宅を建てる場合は、自分の希望を景観条例にも問題のない形でまとめ上げる必要があります。このように、京都で注文住宅を建てる場合は、外観について注文住宅会社との綿密な打ち合わせが必要になるのです。

京都の事情に詳しい工務店や設計士を選ぼう

京都の厳しい景観条例に対応した注文住宅を建てるには、京都での建築経験が豊富で、京都の住宅事情に精通している工務店や設計士を選んでください。専門家と積極的に意見を交換しながら、京都市から建築許可が下りる方向で力を併せましょう。
建築予定の土地が決まっていなければ、自分の望みにより近い注文住宅が建てられる場所の選定についても相談できる注文住宅会社だとなお良し。何も考えず、有名寺社のそばで売り出された土地を購入してみると、いろいろな規制が多過ぎて満足できる家が建てられない、というトラブルを回避できます。

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都

京都で注文住宅を建てる場合における外観の重要性について説明しました。ここからは、具体的にどのような注文住宅が良いのかをご紹介します。厳しい景観条例があってもおしゃれな注文住宅が建てられますので、ぜひ参考にしてください。

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都1

  • 丸窓がアクセントになった黒白のモダンな家

あえて上部に黒を配置したツートーンの外観が目を引く住宅。丸い窓がアクセントになっているので、夜になると光がこぼれて素敵な表情を演出します。
スキップフロアーを多用しているので視線が広がり、どこにいても家族を感じられるような構成に。機能性とデザイン性が調和した自慢したくなる家が出来上がりました。

 
 
  • 音楽室を中心にデザインされた、和風モダンな家

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2和風の外観を取り入れながらもシンプルに仕上げた、今どきな住宅。家族の趣味である音楽を楽しめるように開放的な防音室を中心に考えられたデザインは、落ち着きのある外観とは裏腹にダイナミックな印象を与えてくれます。
家事室兼ワードローブが水まわりの軸となるので基本的な生活収納は1Fで済むそう。家事動線と機能美を重視して考えられているのも魅力です。

 
  • 外と内から和を感じさせる、情緒ある平屋建て住宅

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都3ゆとりのある広さを感じさせてくれる、オープン外溝の和風平屋建て住宅。疏水の風景が似合う情緒のある雰囲気が良い感じです。
旧家の古材を天井に使用したり、小上りをつけて空間に変化をあたえていたり、ダイニングの壁に和紙を貼ったりと、外観だけでなく内側全てにも和を感じさせるデザインがあふれています。

 
  • 建物の半分を平屋にして、広いバルコニーを設けた住宅

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都4建物の約半分を平屋に変え、2Fがない部分を全てバルコニーにしたユニークな住宅。広々としたバルコニーには洗濯物が干し放題で、すぐに寝室やプライベールームまで運べる家事動線もきちんと確保されています。
晴れた日はバルコニーでパーティーや天体観測も楽しめるそう。施主の家の中に自転車を置いて作業をしたいという希望を叶えるため、玄関を広く設定して自転車のスペースを作っているのも特徴的です。

 

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都

  • タイルでアクセント付けした、収納重視のカントリー調住宅

好みのタイルでアクセントをプラスした、カントリー調テイストの住宅。子どもの賞状を飾るスペースやご主人の趣味である自転車やカヌーを飾るスペース、奥様に嬉しい便利な収納スペースなどを確保するなど、家族全員の希望を叶えています。
ライフスタイルを考慮しながらデザイナーの提案をプラスしているから、オシャレで要望以上の快適な家に仕上がりました。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド