こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

外観

一生ものの買い物、それは家。新築の家の外観を決めるときに、意識したいのが「家の形」「窓の配置」「色と素材」の3点。「家の形」は間取りによって異なります。「窓の配置」は、仕上がりのイメージにも影響を与えます。「色と素材」は、外観を印象付けるものになってきますが、住む場所の環境によっても左右されてしまうので慎重に決めたいところです。多様な事例を参考にしながら、理想的な外観デザインを選択しましょう。

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都

和モダン

時代の変化とともに、昔ながらの和の空間を取り入れた家づくりは、積極的に行われなくなりました。しかし、和の要素をモダンに演出した「和モダン」のスタイルは、現在の暮らしにあうように設計・デザインされています。日本の特色でもある、畳や縁側といった伝統的な空間を用いながら、新しさと調和させたおしゃれな住空間をつくりあげています。「家族が集まる家」というイメージが強い、和モダンスタイル。どこにいても家族の絆を感じられるような構造であったり、家事がしやすいように生活収納はすべて1Fで行うことができるようになっていたりの工夫が施されていたりします。また、内と外で印象を大きく変えることができるのも、和モダンスタイルの特徴です。

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都1

丸窓がアクセントになった黒白のモダンな家

あえて上部に黒を配置したツートーンの外観が目を引く住宅。丸い窓がアクセントになっているので、夜になると光がこぼれて素敵な表情を演出します。
スキップフロアーを多用しているので視線が広がり、どこにいても家族を感じられるような構成に。機能性とデザイン性が調和した自慢したくなる家が出来上がりました。

 

 

音楽室を中心にデザインされた、和風モダンな家

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2和風の外観を取り入れながらもシンプルに仕上げた、今どきな住宅。家族の趣味である音楽を楽しめるように開放的な防音室を中心に考えられたデザインは、落ち着きのある外観とは裏腹にダイナミックな印象を与えてくれます。
家事室兼ワードローブが水まわりの軸となるので基本的な生活収納は1Fで済むそう。家事動線と機能美を重視して考えられているのも魅力です。

 

和のデザインをふんだんに採用した注文住宅

和のデザインをふんだんに採用した注文住宅建物だけをみると料亭といわれてもおかしくない印象の注文住宅。最大の特徴となっているのは、雰囲気のある通り土間を設けている点。京都らしいデザインを採用した注文住宅といえるでしょう。建物の中に入ると、和モダンなデザインとなっています。離れにシアターを設けている点も魅力。内と外で印象を大きく変えています。現代的な生活を送れる京都らしい和の注文住宅です。

 

和の要素を取り入れた豪邸

和の要素を取り入れた豪邸電動のオーバースライダー式シャッターを無垢材で作るなど、随所に和の要素を感じられる注文住宅。柱や梁・引き違いの格子戸などに同じ無垢材を使用することで統一感を生み出しています。よって、大きな住宅でもまとまりのある印象となっています。少しわかりづらいですが、屋根の掛け方に工夫を凝らしている点も特徴となっています。建物そのものは見えませんが、建物に奥行きや立体感を感じることができます。趣向を凝らした豪邸といえるでしょう。

 

タイルを使用した格調高い注文住宅

タイルを使用した格調高い注文住宅外壁にタイルを使用した格調高い注文住宅。門屋や塀までラキテックタイルを使用することで、統一感と贅沢感を生み出しています。非常に贅沢な作りですが、建物そのものは日本的なデザインなので馴染みやすい印象です。京都の住宅街に建っていても悪目立ちすることはありません。地域の格式をワンランクアップしてくれる住宅になるはずです。重厚感のある邸宅に住みたい方にピッタリのデザインといえるでしょう。

 

どことなく日本らしさを感じられる住宅

どことなく日本らしさを感じられる住宅工場、あるいは事務所のような無機質さと日本らしい温かみを感じさせる注文住宅。相反する印象を感じる理由は、インダストリアルデザインをベースに大正時代の雰囲気を取り込んでいるから。随所にこだわりを盛り込むことで、相反する印象を一つにまとめることに成功しています。このような注文住宅であれば、こだわりを実現しつつ京都の街並みに馴染みやすいといえるでしょう。参考にしたいエッセンスが詰め込まれています。

 

純和風にならないようモダンな仕上げに

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2京都市の閑静な住宅地に建てられた和モダンの家は、夫婦二人の終の棲家として設計。外観は、瓦を使い落ち着いた風合いを出しながらも純和風にならないよう、モダンな仕上げを全面に意識したデザインに。どこにいても光が差し込むように、吹き抜けから採光を確保することで暖かみのある室内に。リビングは開放感を持たせ、床のナラ無垢フローリングをはじめ、壁や天井にも和モダンらしさを取り入れました。

 

モダンな中に、落ち着きのある玄関が特徴の家

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2坪庭と左右に広がる無垢フローリングが、日本の凛としたイメージと柔らかさを兼ね備えています。こちらのお宅は、和室から覗く広緑のある庭。その庭があることで、和室が孤高な空間を演出しています。また、夜にはライトアップされた光から浮かび上がる外壁の美しさから、和モダンデザインをより一層深みのあるものへと映し出しています。

 

シンプル

素材の良さを感じられることを意識した、シンプルな家。無駄なものを省くことで、バランス良い空間をつくりだし、何年住んでも飽きのこない家が本当の意味でのシンプル・イズ・ベスト。比較的白色を基調にした壁面が多く、そこには必ず太陽の光と自然の風が心地よく入る込むデザインとになっていることが多いのが特徴。また「シンプルに暮らす」ということは、ストレスフリーでもあるということ。外観と同様に、清潔感のある内装になっていたり、コンパクトに収めたデザインであったりします。住む人のライフスタイルに合わせたものが「シンプルな家」ともいえます。

 

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都

タイルでアクセント付けした、収納重視のカントリー調住宅

好みのタイルでアクセントをプラスした、カントリー調テイストの住宅。子どもの賞状を飾るスペースやご主人の趣味である自転車やカヌーを飾るスペース、奥様に嬉しい便利な収納スペースなどを確保するなど、家族全員の希望を叶えています。
ライフスタイルを考慮しながらデザイナーの提案をプラスしているから、オシャレで要望以上の快適な家に仕上がりました。

木の質感をアクセントに活用した住宅

木の質感をアクセントに活用した住宅三角形の土地に建てられた四角い注文住宅。空いたスペースを駐車場に活用している点は見事です。落ち着いた黒色の外観ですが、単調な印象になっていないのは木の質感をうまく活かしているから。無機質な外壁に木の温もりがプラスされてこの家ならではの個性が生まれています。その奥に白色の外壁と大きな窓が覗いている点もポイント。シンプルでありながら、センスを感じられる注文住宅をいえるでしょう。

 

 

 

 

奥行きを感じさせるデザインが魅力

奥行きを感じさせるデザインが魅力間口が狭く奥行きが深い土地に建てられた注文住宅。ある意味で、京都らしい土地に建てられた家といえます。外観のポイントは、土地の形状を活かして奥行きを感じられるデザインにしていること。深さを設けたエントランスから始まり建物が幾重にも重なっているので、実際の大きさ以上に大きく見えるはずです。また、正面から見える窓を少なくしているので、プライベートを確保しやすい工夫も凝らされています。

 

 

 

 

ラグジュアリー感のある注文住宅

ラグジュアリー感のある注文住宅雑誌に載っている海外住宅のような豪華さを感じられる注文住宅です。ポイントになっているのが深さを設けた軒。大きな軒から見える木の質感と真っ白な外壁のコントラスト、さらには大きな窓が海外の住宅のような印象を生み出しています。もちろん、芝生とシンボルツリーの緑と外壁の白のコントラストも見逃せません。全体の印象を計算して生み出していることがわかります。

 

コンパクトでありながらセンスを感じさせる注文住宅

コンパクトでありながらセンスを感じさせる注文住宅敷地をうまく活用したコンパクトな注文住宅。決して凝ったデザインではありませんが、一目でセンスのある住宅とわかります。ポイントになっているのが、真っ白な壁と空の境界線、地面の境界線に設けられた黒い線。線を入れることで建物の輪郭が強調されています。白壁と木の質感の対比も見事。オシャレにまとまった無駄のない注文住宅といえそうです。

 

 

 

 

可愛すぎない外観が◎な注文住宅

可愛すぎない外観が◎な注文住宅玄関周りの木の質感がアクセントになっている注文住宅。外壁のベージュと良くマッチしています。芝生と玄関の木目、外壁のベージュの組み合わせが美しいですが、やり過ぎた印象にはなっていません。日常に馴染む程度に抑えられているので現実感があります。日々の暮らしを意識したこだわりが、良い印象を生み出している注文住宅といえるでしょう。

 

黒と茶色が落ち着いた印象の注文住宅

黒と茶色が落ち着いた印象の注文住宅黒と茶色の組み合わせが印象的な注文住宅。建物をシンプルなデザインにすることで落ち着いた印象となっています。とはいえ、シンプル過ぎる印象とはなっていません。建物にうまく凹凸を設けているからです。シンプルでありながら、個性も感じられる注文住宅といえます。長く住み続けることを考えた場合、理想的なデザインかもしれません。

 

ガルバリウム鋼板+スイス漆喰が個性的な家

ガルバリウム鋼板+スイス漆喰が個性的な家外壁にガルバリウム鋼板とスイス漆喰を組み合わせて用いている注文住宅。質感の異なる素材を用いることで他にはない個性的な印象を生み出しています。玄関ポーチの天井に焼杉を用いている点もポイント。帰宅時などに木の温もりや癒しを感じることができます。表札にはオレンジ色のガラスを使用。こちらも外観のアクセントになっています。

 

白色をベースにしたシンプルさに使い勝手の良さも追及

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2白色を基調にし、ナチュラルかつスマートな印象の2階建ての二世帯住宅。目地が目立ちにくいサイディングを採用しながら、レンガの風合いも。フローリングも白色なのが、特徴。
白色は「汚れが目立つかも」というイメージがつきものですが、シートのフローリングは手入れが楽なのが魅力です。子ども部屋には、成長にあわせていつまでも快適に使えるようにと勾配天井になっています。

 

爽やかな風を感じることができる幸せな空間

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2広いウッドデッキを備えたシンプルなデザインの平屋。居心地の良い空間というのが最大の魅力です。風通しの良い広々としたリビングは、太陽の光が差し込む開放的な大きな窓。その窓を開けると自然の風が爽やかに入り込み、何もしなくてもただそれだけで幸せな時間を感じることができます。また、土間を広くとった玄関にも小窓を設置。サンルームも日当たりよく、家事がスムーズに行うことができます。

平屋

1階だけの造りの平屋。日本人には、とてもなじみ深く、敷地に余裕があれば平屋で建てたいという希望を多く聞きます。平屋のメリットは、同線が短いため移動や家事が楽な点や、老後の暮らしやすさ、また構造的に強いという点があげられます。外壁をシンプルなデザインにすると、美しさを引き立たせることができ、そのスッキリとした雰囲気は、飽きがくることが少ないともいえます。外壁の素材にこだわり、色を工夫することで印象もまったく異なったものになり、その存在感は長年キープすることができるでしょう。

外と内から和を感じさせる、情緒ある平屋建て住宅

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都3ゆとりのある広さを感じさせてくれる、オープン外溝の和風平屋建て住宅。疏水の風景が似合う情緒のある雰囲気が良い感じです。
旧家の古材を天井に使用したり、小上りをつけて空間に変化をあたえていたり、ダイニングの壁に和紙を貼ったりと、外観だけでなく内側全てにも和を感じさせるデザインがあふれています。

 

建物の半分を平屋にして、広いバルコニーを設けた住宅

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都4建物の約半分を平屋に変え、2Fがない部分を全てバルコニーにしたユニークな住宅。広々としたバルコニーには洗濯物が干し放題で、すぐに寝室やプライベールームまで運べる家事動線もきちんと確保されています。
晴れた日はバルコニーでパーティーや天体観測も楽しめるそう。施主の家の中に自転車を置いて作業をしたいという希望を叶えるため、玄関を広く設定して自転車のスペースを作っているのも特徴的です。

 

古き良き日本を思い起こさせる平屋

古き良き日本を思い起こさせる平屋黒を基調にした平屋住宅。京都の繁華街にあれば、カフェを営んでいそうな古民家風の外観です。コンクリートの質感を生かした階段と駐車場が民家であることを教えてくれます。正面からは見えませんが、天窓を備えています。リビングに大きな窓も設置しているので、昼間は照明をつけなくても快適に暮らせそうです。広い土地をお持ちの方は挑戦してみたい外観・デザインといえるでしょう。

 

平屋の魅力を追求したモダンスタイル

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2使いやすい動線と開放感のある、魅力あふれる妻屋根のある平屋住宅。壁が落ち着いた雰囲気であると、全体がモダンな印象を与えます。室内は、天井を高くして、リビングの窓をガラス張りにすることで広々とした空間にたっぷりの採光。明るく、清潔感あふれる印象を与えます。また、パントリーや冷蔵庫起き場のスペースも広く取っているため、調味料や食材のストックなど収納しやすいところが主婦にとっては嬉しい限りです。

将来のことも考えた部屋づくりの平屋住宅

外観デザインがおしゃれな注文住宅in京都2子育て世代が憧れる、南欧風のデザイン。無垢フローリングを使用しているため気持ちよいリビング。そのまま外へ続くウッドデッキが、さらに室内の広さを際立てています。子どもたちにとっては、ウッドデッキは特別な場所。思い出づくりを、積極的に行うことができます。2人以上お子さんがいる場合、成長につれて部屋を分けてあげる必要があります。それもすべて設計段階で計画済み。将来は仕切れることができる子ども室となっています。

 

誰もが知る日本の古都、京都。美しい景観を求めて国内外の観光客が訪れる一大観光都市でもあります。近年その景観を守るため、景観地区を定めて個人宅を含めた建造物にも一定のルールが求められるように。京都で注文住宅を建てようとする場合も、その基準はクリアしなくてはなりません。
本記事では、京都における建造物の外観についてその重要性を説明するとともに、京都に溶け込みながらもおしゃれなデザインの注文住宅をご紹介します。京都で注文住宅を建てる計画をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

京都の注文住宅の中でも、外観デザインにこだわりが光るおしゃれな注文住宅を紹介します。

京都らしい外観の建物が求められる景観条例

京都の歴史的な街並みは、日本の急激な経済的発展とともに、たびたび脅かされてきました。美しい景観にそぐわない看板や、眺めを遮る高さのマンション建設計画が立てられるなど、何度も景観にまつわる問題が発生し、その度に裁判などのトラブルが発生していたのです。景観問題に対する取り組みは、観光都市京都としても取り組まなければいけない課題でした。
現在京都市は、全国的に見ても非常に厳しい景観条例を施行しています。この景観条例では、個人宅であっても例外なく規制対象です。京都で注文住宅を建てる場合は、外観を京都らしく整えなくてはなりません。
逆に言えば、景観条例を守るからこそ京都の景観は美しく保たれ、都市としての価値を高めているとも言えるのです。

京都市の景観政策5つの柱

京都市では、古都の街並みを保全するための景観政策として5つの柱を挙げています。京都市が景観についてどのように考えているかがよく分かりますので、簡単に説明しましょう。

《建物の高さ》
京都の市街地から北山・東山・西山の眺めが遮られないように、高度地区を指定。高度地区では10mから31mまで、6段階の細やかな高さ制限が決められています。

《建物などのデザイン》
風致地区や景観地区、建造物修景地区などを細かく区分け。その地区特有の景観を損なわないデザインになるよう細かな規定があります。注文住宅を建てる際に、もっとも関係の深い施策です。屋根や壁の素材などとても細かく決まっています。

《眺望景観や借景》
借景とは、造園法の一種で、ある視点から見た場合、目の前の風景と遠くの風景を一体化させてその庭園の一部のようにしてすることです。京都市内で有名な借景には、比叡山を借景とする修学院離宮があります。この借景に余計な建造物が入ってこないよう、38箇所の優れた眺望景観・借景を守るために京都市では「眺望景観創生条例」が制定されています。

《屋外広告物》
簡単に言えば、派手な色遣いの屋外広告物は基本的に禁止です。京都市内では、景観保全地区ではコンビニもブランドカラーを使わず、条例に基づいた色合いにしています。立て看板やネオンサインなどもかなり厳しく規制されます。個人宅ではあまり関係がない部分でしょう。

《歴史的な街並み》
京都独特の建築物「京町家」は、京都の歴史的街並みの一翼を担う建造物と位置付けられています。京町家に対しては、保全・再生のための修理・修景などに対する助成制度がある点も京都独特です。

観光名所の近くほど外観に関する規制は細かい

京都の景観条例について大まかに説明しましたが、分かりやすく説明すると、観光名所の近くほど建物の外観に関する規制は細かく決まっていると考えてください。雰囲気の良い有名寺社の近くにある土地が売りに出されても、自分の思うような建物が建てられない可能性があります。
基本的には和風建築でなければならず、和モダンならギリギリ。エアコンの室外機はカバーして隠すことと定められています。また、真っ白い壁もダメな地区があるなどとにかく細かいので、個人で注意していてもなかなか注意しきれるものではありません。
実際に注文住宅を建てる場合は、自分の希望を景観条例にも問題のない形でまとめ上げる必要があります。このように、京都で注文住宅を建てる場合は、外観について注文住宅会社との綿密な打ち合わせが必要になるのです。

京都の事情に詳しい工務店や設計士を選ぼう

京都の厳しい景観条例に対応した注文住宅を建てるには、京都での建築経験が豊富で、京都の住宅事情に精通している工務店や設計士を選んでください。専門家と積極的に意見を交換しながら、京都市から建築許可が下りる方向で力を併せましょう。
建築予定の土地が決まっていなければ、自分の望みにより近い注文住宅が建てられる場所の選定についても相談できる注文住宅会社だとなお良し。何も考えず、有名寺社のそばで売り出された土地を購入してみると、いろいろな規制が多過ぎて満足できる家が建てられない、というトラブルを回避できます。

京都で理想の家をつくるなら注文住宅がおすすめ

京都で注文住宅を建てたい方は、以上の外観などを参考にしてみてはいかがでしょうか。理想の注文住宅を建てるための助けにすることができます。

実際に外観を決めるとなると、エリアによっては様々な規制が細かく決まっていることがあります。京都で注文住宅を建てたい方は、地元の事情に詳しい工務店や設計士を選ぶことが重要です。

どこに依頼すればいいかわからない方に向けて、京都で家を建てたい方にお勧めの注文住宅会社を紹介しています。具体的には、各注文住宅会社の「家づくりのこだわり」「依頼するメリット」「施工例」などを紹介しています。

一覧の中から自分に合っている注文住宅会社を選べば、予算内でお好みの外観の住宅を建てることができます。また、設備や内装までこだわることもできます。センスやライフスタイルに合わせた家を建てられる注文住宅会社を紹介しているので、興味のある方はご活用ください。

「京都のおすすめ注文住宅会社ガイド」はこちら
 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド