こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

京都で注文住宅を建てた方の施工事例

外観をはじめとした規制が多い地域もある京都は、新しい家を建てるのは難しいと思う人もいるでしょう。しかし実際は、こちらで紹介している施工事例のように、多くの人が新しく家を建てています。

京都の町並みを壊さないよう、 どのような工夫をしたのか知るには、施工事例での情報収集が最適です。

規制の多い京都で注文住宅を建てた人の施工事例

新古が共存する京都で注文住宅を購入する際は、ピンポイントでの情報収集が大切です。細かい情報を得るには、家を建てた人の施工事例をチェックするのは一番。当時の状況やこだわったポイント、思い通りに進まなかった点、家づくりを振り返ってみた感想等を知ることで、今まで思いもよらなかった手法が見つかることもあるのです。

家の建設地を京都にしたことで悩むのは、外観だけではないでしょう。京都独特の家屋が物語っているように、地域によっては土地の形は極端な長方形のものが多い傾向。加えて、建蔽率が厳しい場所や、建築時の会社を指定している建築条件付き土地も存在します。

そのような中で、施主さんがとった対策を事前に知っておくと、京都で家を建てる際に参考になるのはもちろん、土地探しにも役立ちます。

注文住宅を建てた人の中には、「数多くの実例を見て参考にした」という声も少なくありません。

  • 「長方形の土地でも家じゅうに光が入るように、長方形の中庭を取り入れた」
  • 「玄関扉前に土壁風の壁を置くことで和風の雰囲気を壊さず、防音性とプライバシーの保護に役立っている」…などなど

アイディアも、京都の厳しい規制の中で住みやすい家を作るために考え出されたものです。

これらは建売ではなく、注文住宅だからこそできたこと。他にも施工会社の機転の利いた提案や対応見落としがちだった点など、施工事例のなかには学べることもたくさんあるのです。家そのものへの工夫はもちろんですが、良い施工会社と出会うために確認しておきたいポイントも知ることができます。

満足のいく家を建てるために、まずはこちらを参考にしてみてください。

妻も大喜びの広々キッチンが我が家の自慢

京都の注文住宅ということで、和と洋が混在しているデザインにこだわったという住宅の施工事例です。全体的な雰囲気を和風にまとめていますが、キッチンは洋風にして、動線を重視した機能性の高いデザインにしました。しかも、夫婦共に料理が趣味であるため、設置したキッチンはプロ仕様のもの。 夫婦2人で使っても狭くならない余裕を持たせたスペースで、使いやすく楽しめるキッチンが実現しました。キッチンスペースを広めにとり、プロ仕様の設備を導入できるというのは注文住宅ならではの贅沢です。

「妻も大喜びの広々キッチンが我が家の自慢」の詳細はこちら

 

何度帰っても飽きない外観に大満足です

オリジナリティが感じられながらも、「京都らしい外観」であることに最もこだわりを持って造られた注文住宅の施工事例です。こちらの住宅は段差のある土地に建てられたため、単純な木造建築ではなく、鉄筋と木造を組み合わせることによって強度を加えています。 鉄筋部分を設けた住宅ではありますが、外壁には木材での装飾がなされているため、一見すると京都らしい木造建築そのもの。パーツや素材にこだわって、オリジナリティ溢れる外観の住宅に仕上がりました。

「何度帰っても飽きない外観に大満足です」の詳細はこちら

 

無垢材の床材を選べば情緒ある雰囲気に

こちらでは、無垢材を使用した注文住宅を建てた方の施工事例をご紹介しています。床材は複合材と無垢材の2種類が存在しますが、板の組み合わせでできているものが複合材、年輪が見えるものが無垢材と呼ばれています。 無垢材を使用することには、木の風合いが存分に楽しめる、温度調節機能で環境を整えてくれる、化学物質の心配がないなどのメリットがあります。その反面、コストがかかり、温度や湿度の変化に弱いなどのデメリットもありますが、木造建築の床材としては高い人気を誇っている素材です。

「無垢材の床材を選べば情緒ある雰囲気に」の詳細はこちら

 

新しくてどこか懐かしい和モダンな家の魅力

こちらのページでは、和モダンの注文住宅を建てた二組の方の施工事例をご紹介しています。モダンテイストが含まれた和の住宅は、「京都らしい和風の雰囲気の中に新しさも取りいれたい」と考える方に人気のデザインです。 また、モダンテイストの住宅でありながら、自然素材で造られるため、化学物質のアレルギーを引き起こす心配がないというメリットも。現代的な使いやすく機能的な面と、リラックスできる懐かしい和の雰囲気を両立する、和モダンの家の魅力をお伝えします。

「新しくてどこか懐かしい和モダンな家の魅力」の詳細はこちら

毎日を楽しく過ごせる家

個性的ではあるものの落ち着いた印象の住宅。一歩、足を踏み入れるとその印象は大きく変わります。最大の特徴は、家の中に「遊びの空間」をも設けていること。壁面を活かしてクライミングスペースを設ける、子ども部屋にわくわくするような小屋を設置するなどの工夫が凝らされています。また、家族が集まるリビングは自然光が降り注ぐ設計に。落ち着いて過ごせる部屋が設けられている点もポイント。楽しみに満ちた注文住宅といえるでしょう。

毎日を楽しく過ごせる家

「好き」を活かした家

外壁に使用した杉板がお洒落な住宅。シンプルなデザインながらセンスの良さをうかがわせます。家づくりのポイントは、施主の「好き」を落とし込むこと。杉板に囲まれた窓(リビングの窓)からは、大切な愛車を眺めることができます。リビングで癒しの時間を過ごせる点は魅力です。また、一つ一つの建材・内装材は、好きな色であるブルーを引き立てるものをチョイスしています。ブルーが使われている個所は多くありませんが、ポイントとして良く効いています。設計に「好き」を活かした家です。

「好き」を活かした家

シンプルさが目を惹く住宅

シンプルでありながら目を惹く住宅。グレーの外壁にブラックの玄関ドアをあわせて無機質な印象に仕上げている点がポイント。玄関を入ると土間があり、家全体に広がる一続きの空間が広がります。ドアの正面には、スリップ階段、さらにその奥には吹き抜けが設置されているので、実際の大きさ以上に開放感を味わえます。全体的にシンプルに仕上げられていますが、センスとこだわりを感じ取れる注文住宅です。

シンプルさが目を惹く住宅

アメリカの映画に出てきそうな家

アメリカの映画に出てきても違和感がない住宅です。若草色のラップサイディングが京都の町に映えます。珍しい若草色の外壁が悪目立ちしない理由は、前庭を淡いオレンジ色で統一しているから。調和のとれた住宅となっています。室内の特徴は、リビングを和室にしていること。アメリカンな外観ですが、間取り・内装は暮らしやすさを考えた和風です。デザイン・間取りともよく考えられた注文住宅といえるでしょう。

アメリカの映画に出てきそうな家

ベーシックで気品を感じられる家

ベーシックな外観の住宅。特別、変わった印象はありませんが、近くで見ると上品さを感じられます。室内も同様。シンプルな造りでありながら、良い住宅であることが分かります。このような印象に至るのは、外壁は左官、インテリアは漆喰で仕上げているから。ここに上質な建材でアクセントを加えているので、凝ったデザインでなくても品を感じ取ることができるのです。長く住み続けたい注文住宅です。

ベーシックで気品を感じられる家

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド