こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

それぞれの工法・構造のメリット・デメリットは?

木造

古来から日本で使用されてきた工法で、在来工法とよばれています。柱や梁、筋交いなど木材の軸組みで骨組みを作る工法です。現在でも日本の住宅の多くで使われています。

メリット

設計の自由度が高く、狭い土地や変形した土地などでも用いることができます。増改築なども行いやすいため、生活の変化にも対応しやすいです。

耐震性を気にする方もいるかもしれませんが、建築基準法の改正により、現在建築されている木造住宅では、耐震性が向上しています。

デメリット

構造上、建築する職人の技術の差が出やすいです。しっかりとした対策を施さないと、シロアリなどの被害が出る場合があります。また、木材を使用することから、火に弱いといった面があります。

ツーバイフォー

アメリカで誕生した工法で、部材断面が2インチ(約5cm)×4インチ(約10cm)の木材で枠を作り、合板を貼りパネルを作ります。それを組み合わせて床や壁を構築する工法です。

メリット

耐震性が高い家の建築が可能です。また、構造上、機密性、断熱性の高い家にすることができます。構造がシンプルで建築品質が安定しているため、施工する職人による技術の差が出にくいです

デメリット

構造上の制約があるため、設計の自由度は高くありません。また、増改築などの際にも制約があります。音が振動しやすいため、2階の音が1階に響きやすいです。木材を使用するため、シロアリなどの対策も必要です。

鉄筋コンクリート(RC)

鉄筋とコンクリートの両方を使用し、それぞれの長所を生かした工法です。鉄筋を組んで合板で型枠を囲み、そこにコンクリートを流し込むことで柱や梁、床などをつくります。

メリット

型枠さえつくることができれば、自由な形で建築することができるため、自分の好きなデザインの家がつくれます。設計の自由度が高いため、デザイン性の高い住宅などでも使用されている工法です。そして、耐震性・耐火性・耐久性・遮音性に優れています。

デメリット

建築コストが高くなり、建築日数も長くなってしまいます。地盤が強固な場所でないと建築ができないため、場合によっては地盤の改良工事が必要となることもあります。

また、高気密住宅となるため、結露が出やすくカビなどが発生する可能性があります。増改築に関しては、制約が多く希望通りにできない場合があります。

軽量鉄骨造

骨組みに鉄骨を使用して建築する鉄骨造ですが、鋼材の厚さが6mm以下の場合は「軽量鉄骨」とよばれています。多くの大手のハウスメーカーなどで採用されています。

メリット

軽量鉄骨は工業化され工場生産されているため、木材を使用したものより品質が安定しています。規格化されたものを組み立てる、といった形で建築されるため、工期が短く済みます。耐震性は高いです。

デメリット

規格化されていることから、間取りや仕様などが制限されるため、自由度は低くなります。遮音性が低いため、防音対策をする必要があります。鉄骨の大敵であるサビを防ぐため、建築後も定期的なメンテナンスが必要になります。

重量鉄骨造

鋼材の厚さが6mm以上の鉄骨を重量鉄骨といいます。ビルやマンションなどに用いられ、3階建て以上の住宅などに採用されています。

メリット

骨組みが頑丈なため、自由度の高い設計が可能です。狭い敷地で3階建て以上の建物をつくるなども可能なので、住宅密集地などの建築に有効です。耐震性・耐火性・耐久性が高く、長く暮らせる家を建築できます。

デメリット

建築のコストが高くなることがあります。重量鉄骨が重いため、地盤のしっかりした場所でないと建築ができません。また、施工者の技術の差が出やすい上、施工する業者も限られます。

京都の風土に合った工法は?

日本国内で多く選ばれている主な工法・構造をご紹介しました。中でも京都という土地に合っている工法は、やはり木造といえます。

木造は、日本の風土に合わせて進化してきた工法です。特に京都のような、高温・多湿といった風土の土地には適した工法なのです。

もちろん他の工法・構造で建築することもできます。「京都の風土に合った注文住宅を建てたい」と思う方は、京都の家を知り尽くしている地元の工務店に相談してみましょう。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド