こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

京都の注文住宅で二世帯住宅を実現する場合のメリットと注意点

二世帯住宅は、「両親とただ暮らすだけの住宅」というわけではありません。お互いに見守りあい支えあうことを目的とした住宅です。親御さんの体調を気にしたり、逆に親御さんがあなたの子供の育児に協力してくれたりと、「支えあい」が大きなメリットになるのです。

しかし、家の間取りや補助金・税金について何も考えずに注文住宅を建ててしまうとせっかくのメリットを生かせないどころか、逆に両親とギクシャクしてしまうこともあるので注意が必要です。

この記事では注文住宅で快適な二世帯住宅を実現する際のポイントをご紹介します。

二世帯住宅のタイプを紹介

二世帯住宅といっても、そのスタイルはひとつではありません。寝室や個人部屋などを除いたリビングなどの全ての部屋を共用する完全同居タイプやお風呂やトイレなど限られた設備以外の区域を別に分ける部分共用タイプ。

さらに、お風呂やトイレまで完全に分離して生活する完全分離タイプなど、世帯間の関係性に合わせて、さまざまな生活スタイルを選択できます。

ここでは、それぞれのタイプの間取りの特徴とメリット・デメリットを解説します。

完全同居タイプ

寝室などの個人スペースはあるものの、基本的に完全に同居してしまうスタイルがこのタイプです。そのため、ひとりひとりに部屋がある贅沢な大家族の家のような間取りになるでしょう。

家族間での交流が活発になるというメリットがある一方、家事の役割分担をしっかりしていないと互いの気遣いが必要になるため、窮屈な生活が要求されることになるデメリットも存在します。

完全分離タイプ

完全同居タイプとは正反対の二世帯住宅です。生活スペースを完全に分離し、お互いに干渉しあわないのが基本の生活スタイルです。同居というよりも同じアパートのお隣さんといった関係をイメージしてもらえばわかりやすいでしょう。

間取り的には1階と2階で分けるのが一般的。ただし、両方にトイレやお風呂を設置しなくてはいけないため、初期投資やランニングコストがかかるというデメリットがあります。

部分共用タイプ

親世帯と子世帯の生活ゾーンを分離し、トイレやお風呂などの一部の設備だけを共用するというスタイルです。両親との関係がドライだけれど、完全分離タイプにするだけの予算がないという場合に有効な二世帯住宅です。

また、生活時間帯が完全にズレている場合にも選択されるのですが、足音など生活音が気になるときもあるので、よく理解しておきましょう。

京都で3階建てにする場合

3階建ては二世帯住宅でも人気の注文住宅です。3階建て住宅の4割は二世帯住宅であるというデータもあり、二世帯で生活するのに3階建ては向いているとわかります。

3階建てのメリットは床面積が広く取れて、世帯間の生活スペースの独立性が高まるところです。必然的に居住人数が増えてしまう二世帯住宅ですから、床面積の広さが確保できる3階建ては嬉しいところ。その上、異なるフロアが3つになるため、世帯間のプライバシーも確保できます。

一方、縦の移動が多くなってしまうのが3階建てのデメリット。年齢を重ねた親世代にとって、縦移動は億劫なものです。ホームエレベーターを設置して、共有スペースをひとつのフロアにまとめてしまうなど、上下の移動が少なくて済むような工夫をすると良いでしょう。

ただし、京都では景観地区によるデザイン規制が存在します。3階建てにしたくても場所によっては実行できないので、まずはハウスメーカーに相談してみましょう。

二世帯住宅のお金事情

二世帯住宅は必然的に在宅介護や子育てが深く関係してしまう生活スタイルです。このふたつを両立する必要がある生活環境は、実は補助金の対象になっています。

また、税金対策としても二世帯住宅は有効に働くケースもあります。そこで、二世帯住宅で注意すべきお金事情をご紹介します。

二世帯住宅で使える補助金

二世帯住宅で使える補助金としては「地域型住宅グリーン化事業」が挙げられます。

地域型住宅グリーン化事業は、環境負荷の低減のための補助金制度ですが、給付条件に「子育てを家族で支え合える三世代同居など複数世帯の同居しやすい環境づくり」というものがあるため、二世帯住宅が該当します。

この給付金を受けるためには、事業に登録している工務店に依頼する必要があるので注意しましょう。

二世帯住宅で注意するべき税金

二世帯住宅は贈与税や相続税の対象にもなるので注意が必要です。家を建てる際に資金援助があれば、それは贈与に当たりますし、家を相続する場合、相続税が発生するのです。しかし、これらを上手く活用する方法もあります。それが「小規模宅地等の特例」です。

これは、同居していた家の相続人が、被相続人(死亡した方)親族でかつ同居していた場合、相続税の申告期限までに住まいや所有を続けていた土地の評価額を8割減額する制度です。つまり、家を相続したときに同居していれば、相続税の対象額が8割減額されるということ。

親の面倒を見るために、実家の近くに家を建てようと考えている方は、思い切って二世帯住宅にすれば、相続税を節約できるので、検討してください。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド