こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

狭小住宅を建てるためのポイント!京都の土地にあった住宅

ここでは、狭い土地を上手に活用できる狭小住宅のメリットや土地選びのポイントをご紹介します。

狭小住宅ってなに?

狭小住宅は名前の通り、狭くて小さな土地に建てられた住宅です。土地の狭さに定義はありませんが、15坪ほどの土地に建てられる住宅は狭小住宅といえます。

また、土地が狭いだけでなく、四角形に整っていない土地や土地の周りに住宅や建物が密集している土地にも狭小住宅の施工をいかすことができます。

【メリット】

1.土地代が安い

狭小住宅のメリットはいくつかあり、そのひとつが土地代が安いということです。これは土地が狭いことにより、住宅を建てる際にさまざまな制限があることが大きいでしょう。

そのため、購入希望者も少なく相場よりも土地代が安くなっているケースが多いです。狭小住宅は土地代をおさえて注文住宅を建てたい人にピッタリです。

2.諸経費や税金が安い

また、狭小住宅は土地代だけでなく、住宅を建てた後に必要な諸費用を安くすることができる部分も大きなポイント。

登記申請をするための費用や申請費用は、土地の面積が広ければ広いほど高くなります。そのため、狭い土地を使う狭小住宅の場合は諸経費やおさえることができます。

他にも、固定資産税も土地の大きさで決まりますから、住宅を建てた後に支払う税金が安くなります。

狭い土地をいかすための工夫

狭小住宅は土地が狭いため、建てる家も狭いというイメージがあります。ですが、それはさまざまな工夫によって広々した空間や生活空間を広げることが可能です。住みやすい狭小住宅にするための工夫をいくつか紹介します。

縦の空間を活用する

土地が狭いため、どうしても横に広くすることはできないです。スペースを確保するためには、3階建てにしたり地下室を設置したりすることをおすすめします。

土地によっては住宅の高さに関する制限がありますが、制限内であれば3階建てにできます。

また、地下室なら、周りは地面で防音効果があるというメリットがあります。条件次第で家の床面積に含まれないため、費用を安くできるでしょう。

ひとつの空間を広くする

1階と2階に吹き抜けを取り入れて、狭い空間を広く感じるようにします。家族が集まるリビングを吹き抜けにすることで、小さい土地でも広々とした空間を確保できるでしょう。

ただし、吹き抜けだけでなく、廊下をつくらずにその階をひとつの空間として活用するのがポイント。廊下をなくすことで、通路という空間がなくなるため、部屋全体が広く使えます。

ロフトをつくりスペースを確保

屋根裏などのスペースにロフトを設置すれば、寝室として利用できます。寝室以外でも収納スペースとして使えるため、空間を無駄なく使用できるでしょう。

また、ロフトの面積がその階の半分以下で、なおかつ床からの高さが1.4m以下であれば、床面積に含まれません。そのため、間取りは自由に使えるのが魅力です。

階段に収納スペース

階段の下には空きスペースがあるので、そこを収納スペースとして活用する方法があります。階段下をクローゼットにすることで、多くの衣類を収めることができますから、自室を広くできます。

他にも、階段の側面を引き出しとして収納する方法もあります。

狭い土地でもアイディア次第で広々とした空間にできるので、狭い土地でも自分のこだわりの家をつくることができますよ。

狭小住宅を建てる際の問題点と解決策

狭小住宅を建てる前に知っておいてほしいことは、メリットだけでなくデメリットもあるということです。このデメリットを把握して、それにうまく対策できるかが狭小住宅を建てる上でとても大切な要素です。

隣の家との距離が近いと音が聞こえてくる

狭小住宅で多いのが、左右に住宅があってそこから音が聞こえてくるという問題。外から聞こえてくる音だけでなく、自宅からの音が隣に聞こえてしまうので騒音トラブルに繋がる恐れがあります。

【対策】

断熱材や防音効果の高い外壁材を取り入れることと、外壁と内壁にグラスウールを入れる方法があります。外壁材は家の音が外に漏れないようにし、グラスウールを入れることで隣からの音を遮音するのです。

エアコンの室外機が置けなくなる

民法では家を建てる時に、隣の家との境界線から50㎝以上空けると定められています。50㎝開けた範囲内での設計で忘れがちなのは、エアコンの室外機を置くスペースが確保できないことです。

狭いところに設置してしまうとエアコンの効き目が悪くなるだけでなく、修理のためのメンテナンスが難しくなるという問題があります。

【対策】

ある程度のスペースを確保できるように、70㎝程空けるようにしましょう。その位のスペースがあればメンテナンスもしやすいはずです。

将来、住宅のメンテナンスを行う際にもスペースが必要なので、両隣との間隔を空けるようにしてください。

狭小住宅の土地を選ぶ際の注意点

京都で注文住宅を建てる際にさまざまな規制があるため、狭小住宅を建てる際に注意が必要でしょう。

特に京都の街並みを守るために高さに制限がありますが、それ以外にも住宅には高さに関する規制があります。

土地面積に対する各階の床面積合計との比率を容積率といい、この容積率によって2階以上の建物ができるかどうかが決まります。

土地が狭くて容積率が低い場合は、3階建てを建てることは難しくなります。狭小住宅を建てる場合は、この容積率を見た上で何階まで建てられるのか確認してください。

また、容積率が低くても、ロフトや地下室など床面積に含まれない設備を取り入れて広くできるので、詳しい情報を集めるようにしましょう。

街並みにあった家づくりができる建築業者を探そう

京都は周りを山で囲われているという地形のため、夏と冬の温度差が大きいという特徴があります。

京都で狭小住宅を建てたい人は、京都の気候に合わせた注文住宅が設計できる建築業者に依頼することをおすすめします。

夏は、雨が多いので蒸し暑くなったり冬になると底冷えで寒くなったりします。逆に春と秋の時期は京都は過ごしやすいため、この時期には外からの太陽の光や風をうまく取り込めるような設計が最適でしょう。

夏や冬には外の気温に左右されないように、断熱効果を取り入れるようにします。そうした気候に合わせた設計ができる建築業者を選べば、1年中快適な空間を保てます。

また、建築業者を選ぶ際は、狭小住宅を建てた実績があるかどうかも確認しておきます。狭い土地でも住みやすい家づくりをサポートしてくれるところなら、初めての家づくりで失敗するリスクを防げるでしょう

狭小住宅を建てることができる建築業者ではなく、京都という土地に合わせて家づくりをしてくれる建築業者なのかで判断することが重要です。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド