こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

京都で家を建てたい方のための疑問解消Q&A

京都で注文住宅を建てる時に気になる疑問質問をまとめてみました。家づくりの参考にして下さい。

家づくりの気になる疑問にお答え!

  • 京都の注文住宅の相場は?

京都の注文住宅の相場は、木造で1,997万~3,191万円鉄骨造で2,712万~4,115万円RC造で5,450万~7,575万円となっています。
また、平均延床面積は木造で34.6坪鉄骨造で39.4坪RC造で64.9坪となっています。

  • 京都での家づくりにまつわる規制は?

京都府では特色のある景観を守るために、家づくりに関して規制がもうけられています。景観形成のルールとして、建物の屋根形状や外壁の色彩、用途、規模、緑化、屋外での広告物の表示基準などがあります。
地区の特性に合わせてデザイン基準を定めているので、京都=和風が必須というわけではありません。
和風のデザイン基準は、例えば旧市電外周線の内側、東山山ろく、伏見旧市街地などの地区、世界遺産周辺の地区などです。
デザイン基準を定めていない地区では自由度の高い家づくりができます。

 ●京都の気候に合った家を建てる

昔から京都の気候は夏は蒸し暑く、冬は寒いと言われています。三方を山に囲まれている京都盆地は寒暖の差が大きく、年間を通して風が弱いという特徴があります。風が吹かないものですから夏の暑さは「油照り」、冬の寒さ「底冷え」はなどと表現されるほどです。
そのため、気候といかに上手く付き合っていくのかは京都の人々にとって大きなテーマでした。先人たちは知恵をしぼり、夏と冬を快適に過ごせるようにさまざまな工夫が生み出され、今でも京都の家屋に受け継がれています。
京都で家を建てるのであればテーマは「外気温のコントロール」になります。夏と冬は外気をシャットアウトしながら、春と秋には窓を大きく開けて空気を取り込むことができることが重要です。

 ●風の通り道を作って涼しく

基本的には風の流れる通り道を確保してあげること。風上と風下に大きな窓を作ってあげることで風の動線を邪魔することのない開放的な間取りになります。また、熱い空気は部屋の天井付近に溜まりやすいので、高い位置にも窓を作ってあげることで熱を外に逃がすことができます。

 ●直射日光を避ける

ほかにもすだれをかけることで直射日光が室内に入り込まないようにすることで、部屋が暑くならないようにする工夫も必要です。京都では夏になると葦戸(よしど)と呼ばれる、障子やふすまにすだれをはめ込んだ建具を使うことで、通気性の高い環境を作る習慣があります。
また、中庭には京都らしい坪庭を作ってあげれば、視覚的にも涼しさを演出することが可能です。ほかにも風鈴を吊るしたり、床には藤むしろを敷き詰めるなどすると音や足の裏で涼を取ることができます。

 ●熱を逃がさない工夫

冬の底冷えをしのぐにはまず暖房で温まった部屋の熱を逃がさない工夫が必要です。室内で温まった空気の約58%は窓から逃げると言われており、まずは窓から熱が逃げるのを防ぐことが最優先です。
まず手軽にできる対策としてカーテンが挙げられます。カーテンを保温性の高い厚手のものを使用します。カーテンには保温性のランクが付けられているものもあり、SAランクからCランクまで定義されています。一番熱を逃さないのはSAランクです。選ぶときにチェックしてみると良いでしょう。また、元から裏地がついていないカーテンであれば、裏地を付けられる裏地ライナーも別で購入すれば保温性能を上げることが可能です。
カーテンは長さも重要です。冷たい冷気は床に下がって部屋に入り込んでくるので、床に付くぐらいの長さのカーテンを使うことで隙間から冷気が入ってくるのを防ぐことができます。同様に、上部にはリターンと呼ばれる返しをつければカーテン上部の隙間から冷気が漏れて入ってくることを防げます。
カーテンの色も寒色系よりも暖色系のものを吊るすようにしましょう。視覚効果によって3度ほど暖かく感じることができるそうです。夏には夏の、冬には冬のカーテンを用意することで部屋の雰囲気も変えられるのでおすすめです。
断熱効果を上げることで、冬は暖かい空気を逃さず、夏は部屋を冷やしやすくなります。これは部屋の環境を快適にするだけでなく、冷暖房費にも好影響を与えます。断熱対策をしている家としていない家では年間で数万円も冷暖房費が変わってくるという話もあります。

 ●床の断熱

最近の家ではフローリングが多く、とくに底冷えする京都では足元の寒さに悩まされる人も少なくありません。可能であれば床暖房を導入したいところですが、予算がなければ厚手のカーペットでも十分な効果を得ることができます。とくにパイルという立毛の素材のものは、立体構造で空気を含んでいるので保温性が非常に高いのでおすすめです。

 ●高性能な断熱機能を持つ障子

和の趣を取り入れながら保温性を高めたいのであれば、内障子がおすすめ。窓の内側にもう一枚障子の冊子を入れることで二重カーテンに匹敵する高い断熱・保温効果を期待できます。
障子には紙と紙の間に空気の層ができることで断熱効果を生み出すだけでなく、障子紙が持つ多孔性という性質によって自然と換気をしながら空気を浄化してくれる作用があります。冬は暖房で締め切りになることが多く、汚れた空気が循環してしまいがちですが、障子を利用することで自然と換気も行えます。

 ●障子の良さを考え直す

障子のメリットは断熱効果ばかりではありません。障子は差し込んでくる日光を拡散し、やわらかな光を部屋に届けます。穏やかな明るさは部屋に落ち着きを与え、直射日光を浴びるよりもストレスを軽減するとも言われています。
光を分散させるから部屋が暗くなるかというとそういうことはありません。障子は部屋に入った光を反射させて照明効果を上げる効果もあります。洋風な家造りも悪くはありませんが、この機会に和風モダンな作りにしてみてはいかがでしょうか。

  • 「坪単価○○万円」の価格で本当に家が建つのか?

「坪単価○○万円」とよく見かけますが、実際にその価格で本当に注文住宅が建つとは言えません。
坪単価の表現方法にはルールがないため、実は各社バラバラ。法定の延床面積で計算しているところがあれば、一方で吹き抜けやベランダ、玄関ポーチなどを含めて計算しているところもあります。
また坪単価の中に仮設足場や設計料が含まれていたりいなかったりもします。
実際には注文住宅はオーダーメイドのため、希望や敷地状況などにより変わるのが一般的。「坪単価○○万円」では会社を選ぶ際の目安にはならないことを覚えておきましょう。

  • ハウスメーカーと工務店、どちらがおすすめ?

家を建てる時にハウスメーカーと工務店、どちらにしようか悩んでいる方は多いと思います。京都を気に入って住み続ける予定の方は、アフターフォローをしっかり行ってくれる地元の工務店が一番です。
地元の工務店はOBの方からお客さんを紹介してもらいながら新築やリフォームを行うことが多いため、OBの方を大切にしてくれるところが多いといいます。
また社長自身が打ち合わせをしたり設計や現場監督をしたりすることも多く、顔を突き合わせて家づくりを進めるため、引渡した後でも真摯に面倒をみて頂けます。
入居後に何かあったときにすぐに駆けつけてくれるのは、やはり地元の工務店でしょう。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド