こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

竹内工務店

地域に根ざした家づくりを長年続けてきた竹内工務店は、京都近郊の林業家とともに「京の木で家づくり」を合言葉に仕事をする工務店です。地元の木材を使った家づくりを通じて、木の家の住み心地のよさを住み手に届けるだけでなく、京都の山や自然にも配慮した活動へとつなげている竹内工務店。実際に竹内工務店が建てた家は、無垢材のあたたかな風合いが感じられる、愛着を持って長く暮らせる家となっています。そのため、京都の町並みにも自然と溶け込む佇まいを実現。限られた予算でも、好みの家を建てるセミオーダー式のBTOハウスも手がけています。自然素材や健康に配慮した素材を使った家づくりをしたい方にもオススメな竹内工務店の魅力や施工事例、特徴をじっくり見ていきましょう。

京都の竹内工務店で建てる注文住宅事例

  • 地松を使い、家事動線を工夫した二世帯住宅

引用元:竹内工務店公式HP公式サイト
(https://www.takeuchi-kyoto.jp/category/example/kiraku/)

もともと暮らしていた家を建て替えて、親世帯と子世帯が同居する二世帯住宅を新築。1階と2階それぞれを親世帯、子世帯の家としてわけ、お互いの生活リズムをキープしながら仲良く暮らせるプランで設計されています。大切にお施主さんが手入れしてきた庭に調和した和風の外観としながら、梁などには建て替え前の家でも使用していた島根県産の地松を使用。

二世帯住宅ならではの家事動線を考えて、玄関は8帖ほどある広々空間とし、大容量のシューズクローゼットを造り付けて二世帯が快適に使えるようにしています。また、子世帯が暮らす2階のリビングは、勾配天井を生かした開放的な空間に。キッチン〜洗濯室〜収納空間〜洗濯を干すサンルームをグルグル回遊できるよう動線をプランニング。家事の負担を設計で軽減しています。2階リビングの床材には無垢のチーク材を使用するなど、場所ごとに無垢材を有効に使っています。

  • 愉しみながら作られた延べ床面積17坪の家

引用元:竹内工務店公式HP公式サイト
(https://www.takeuchi-kyoto.jp/category/example/kiraku/)

平成の京町家として認定を受けたこちらの家は、風の通りを考えて設計された長期優良住宅。

外観は、嵯峨鳥居本の景観に合わせて、平屋・和瓦に。杉や桧などの無垢材をふんだんに使った住まいです。空間設計をする上で、風の通りを考慮しているため、室内は心地よく、ゆったりと過ごせるように。耐震等級も2を取得。玄関外には軒を作り、石畳風のタイルを使って、室内への動線をより美しく演出しています。伝統的な日本家屋の美しい様式美も取り入れつつ、プライベート空間は無垢材のフローリングを使った暮らしやすく、優しい作りに。無垢のフローリングは足に優しく、夏に素足で過ごしても快適です。窓には障子を取り付け、家全体の統一感を産むのにも一役買っています。丁寧な昔ながらの職人の技がふんだんに使われ、長く愛される普遍的なデザインが実現しています。

施主さんの声(口コミ・評判)

  • 町内の方も感心するくらい、職人さんが若い方までとても礼儀正しい工務店です。左官職人さん、大工さんなど皆さま職人としての自負を持っているようで、私たちも安心してお任せできました。今までは、職人さんというと粗暴でぶっきらぼうなイメージでしたが、そうではなかったことからも、竹内工務店はいい職人さんを抱えている工務店であることがわかります。私たちの要望を細かなところまで聴いてくださり、使用する木材一つとっても、こだわりを持って選んでくださったこと、とても感謝しています。丁寧な施工だからこそ、私たちもこれから丁寧に暮らしていきたいな、と思っています。
  • 提案力、設計力、施工力すべてにおいて優れた工務店です。木の住まいづくりを得意としているということで、お願いしました。家の収納や使い勝手に至るまで、細かく考えてくださったことが打ち合わせでもよく伝わってきました。こまめに連絡をしてくれるし、対応もフットワークが軽い点は信頼できるなと感じられた一番の理由かも。仕上がりも、とてもきれいで、戸の開け閉めをするといい家だな、と痛感。細かいところかもしれませんが、気を使っているのにこの使い勝手の良さは…とびっくりしています。

家づくりの特徴・こだわり

職人の手仕事・素材へのこだわりが息づく家づくり

木の家づくりを大切に継承してきた竹内工務店。出格子や京建具、一文字瓦など京都の伝統が息づく技術をふんだんに使った家づくりを実現するために、職人産の手仕事を大切にしています。素材にもこだわりを持ち、無垢材や本物の材料を使うこだわりがあるのも大きな特徴。また、木材も国産材であるのはもちろんのこと、京都の地元の杉や桧を使った家づくりを提案しています。柱には北山杉を使用。輸送費がかからないだけでなく、気候風土にあった建材を使うことは、より良い家づくりをする上では欠かせない要素。京の木で家を建てることは、とても合理的でエコロジーな考えだということに気づかされます。

子や孫に住み継げる家づくりを目指す

古いものが持つ価値も大切にしている竹内工務店では、家屋のリノベーション、リフォームなども手がけています。また、家は世代を超えて使われ続けることがよい、そんな理念のもと、古さが価値を生む家づくりを追求。手がける新築住宅は、町並みに溶け込む外観やデザインを採用することにもこだわっています。

京都の美しい伝統を、住み手だけでなくその孫や子に、そして街にも伝えていく家づくりができる工務店はそれほど多くありません。京都の気候や風土に合わせた設計も取り入れながら、住み心地のよさを第一に考えた設計で、理想の家づくりを叶えます。

会社情報

  • 会社名 株式会社竹内工務店
  • 所在地 本社:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前瀬戸川町4-7
  • 創立 昭和59年
 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド