こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

住宅を建てる際に必要な保険とは?

京都で注文住宅を建てる方、必見!保険の種類と加入のタイミング 注文住宅を建てる際に加入の検討が必要な火災保険・家財保険・地震保険の違いと補償範囲などを紹介します。

人生でも大きな買い物になる住宅の購入ですが、もしもの時のために保険に加入する必要があります。加入する保険にもいくつかの種類があるので、どのような保険が自分の住む住宅・エリアに必要か知っておきましょう。

保険の種類

住宅を建てた場合に、加入しておくべき保険は「火災保険」「地震保険」「家財保険」の3種類があります。火災保険をベースに住宅の損害を補償してくれます。それぞれの保険について紹介していきます。

火災保険

火災保険という名前を聞くと火事を連想しますが、火災保険は火災・風災・水災などの災害からガス漏れによる爆発・破裂などにも対応している保険です。幅広い範囲を補償するものとなっており、地震保険や家財保険のベースの保険で、火災保険に入っていないと家財保険や地震保険に入れない場合もあります。

住宅の耐火性や構造・地域によって保険料が変わる場合もあるので注意が必要です。

火災保険の補償範囲

火災保険の補償の範囲は火災の他に風災・水災・落雷、ガス漏れによる爆発・破裂などで生じた被害です。地震を除く多くの災害を補償の対象としていますが、家具・家電などの家財は別に家財保険で補償してもらう必要があります。

地震保険とは

火災保険でカバーできない地震や地震によって引き起こされた火災・津波などの被害を補償する保険です。「全壊」「大半損」などの区分がされています。住宅の時価に対する一定の割合の保険料を、保険会社のスタッフによる調査を行ってから数日ほどでスピーディに受け取ることができます。地震保険の保険料のみで住宅を再建するのは難しい場合が多いので、再建する資金の一部と考えておきましょう。

ただ、住宅のある地域の地震発生リスクや建物の構造で、保険料が少し異なるので注意しましょう。

火災保険に入っていないと、加入できない場合もあるので注意が必要です。

地震保険の補償範囲

地震保険の対象となるのは、地震や地震による津波や火災などの災害で起きた被害と設定されています。地震による被害は火災保険の対象外なので、地震のリスクが高い住宅は特に加入するようにしておきましょう。

家財保険とは

家財保険では住宅の家具や家電といった家財が災害で被害を受けたり、盗難や偶然壊してしまった場合などに補償を受けることができます。火災保険では家財の被害は補償の対象外となっているため、家財まで保証を受けたい場合には家財保険にも加入しましょう。

火災保険と一緒に入ることが多い保険で、火災保険に入っていないと加入できない場合もあります。また、総合的な火災保険や補償範囲を選択できる火災保険で、家財保険までカバーできることもあるのでよく確認しましょう。

家財保険の補償範囲

家財保険は災害による家具・家電を補償の対象としています。火災保険ではカバーできない家具・家電の被害、盗難や水漏れ・ぐうぜんの故障なども補償の範囲となっています。

保険の費用

保険にかかってくる一般的な費用を紹介していきます。住んでいる地域や持ち家か賃貸か・住宅の構造や性能でも内容が変わってくるので、はっきりとした金額の目安を出すことは難しいです。ケースバイケースという面はありますが、希望する住宅の内容や補償内容オプション内容などを確認したうえで保険に関するアドバイザーに金額や内容を確認してもらうとよいでしょう。

保険金額や補償範囲はどのように決めるのか

一方で、保険金額が少なすぎると、建物の再建築や家財の再取得のときに費用が足りなくなる可能性もありますので、保険金額は評価額いっぱいで契約するようにしましょう。

保険金額は、基本的に再調達に必要な「再調達価額」を目安に契約します。再調達価額は「評価額」ともいわれている金額で、住宅が被害に遭った際に再調達・再建築するのに必要な価格です。建物の再調達に必要なお金が2500万円の場合には、保険金額は2500万円のもので契約することが大切です。これは、3000万円で契約しても再調達価額をもとに保険金が支払われるので、2500万円までしか支払われないことが理由です。再調達価額と保険金の差額が無駄になってしまうので、注意しましょう。

戸建ての場合には、どのような立地・災害・犯罪に巻き込まれる危険性があるのかをあらかじめ確認してみましょう。

例えば、平らな土地で近くに川がある、山や高い場所に住んでいて土砂崩れのリスクがある場合、集中的に降るゲリラ豪雨で洪水や下水の逆流などのリスクがある場合には水害に備える必要があります。

事前に自治体のハザードマップや土砂災害警戒区域図などを確認しておくことが重要です。

また、人の行き来が少なく静かな住宅街に住んでいる場合には、空き巣の被害に遭ってしまうこともあります。盗難の被害に遭った場合に備えて家財保険に加入し、盗難があったときも保証してもらえるようにすることが大切です。

加入するタイミングは?

住宅ローンを利用する場合には、火災保険をはじめとした保険の加入時期も住宅ローンの実行日までに加入することが大切です。ローンを借りる際に加入できるようにしておくことで住宅ローンの融資も加入しやすくなります。返済が滞るリスクが軽減でき、融資をする側も受ける側も万が一何かの被害に遭った時に困らないように保険の加入を勧められます。

住宅の引き渡し日よりもローンの実行日が早い場合には、住宅の引き渡しまでに保険が適用されるようにしましょう。

これらを考慮すると、住宅の引き渡し日から1カ月半~2カ月前には準備しておく必要があるといえます。これ以上遅くなってしまうと、補償内容を確認する時間や各社の商品を比較する時間が足りなくなることも。

なるべくスピーディーに保険を選びたいと考えた際、インターネット直販を思い浮かべる方も多いはずです。その場合、確かに申し込みは簡単に行えますが、商品の比較や補償内容を理解する点においてはすべて自分でしなければなりません。トータルでかかる時間や手間を考えると、複数社の商品を取り扱う保険代理店を利用して、自分に合ったものの提案や契約まで任せてしまうのが良いでしょう。

建築中の住宅は施工を行った住宅の施工会社が入っている保険で補償されることが多いのですが、引き渡しが行われると全ての被害が施工主のものとなってしまいます。加入には複数の書類が必要となり、準備もしないといけないので大体住宅の引き渡し日から逆算して1ヶ月~2か月前には準備しておくようにしましょう。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド