こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド

納得の家づくりができる、京都の注文住宅会社教えます

工務店とハウスメーカーの違いとは?

注文住宅を建てる際には、工務店とハウスメーカーから選択することになります。どのような違いがあるのか、特徴やメリットを見ていきましょう。

工務店とハウスメーカーの違いをチェック

建築会社には大きく分けて工務店とハウスメーカーという2つの会社のタイプがあります。両者にはどんな違いがあるのでしょうか?

工務店とは

工務店とは地域に密着した施工会社を指すことが多くあります。いわゆる大工さんが住宅を施工する会社で、設計はもちろん住宅の施工までを自社の社員が担当する場合がほとんどです。長く地域に密着する形で営業を続けており、地域特性をよく把握しているという特徴があります。

工務店のメリットとは

工務店の場合、家主のオーダーに細かく添うことが可能です。もちろん得意とする建築方法やテイスト、デザインなどはありますが、間取りやインテリア、家具などを家主の好み通りに施工することが可能です。多くの工務店の場合には営業担当や設計担当がしっかりヒアリングを行い、理想の形になるように努めてくれます。そのためデザイン性はもちろん、土地の形状によっても様々な形式の住宅を実現することができるでしょう。

工務店のデメリットとは

家主のオーダーに細かく添うことができる一方で、住宅の規格が一般化されていないという特徴があります。そのため費用はどうしても高くなってしまうでしょう。素材をまとめて仕入れることが難しく、家主ごとに応じた仕入れとなるため、どうしても割高になってしまうという難点があります。

また、理想の家づくりをするためには職人のスキルが重要ですが、工務店によってスキルに幅がある可能性があります。クオリティは施工が開始されなければ分かりにくい点が大きなデメリットと言えるでしょう。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、全国的に展開する住宅メーカーを指します。メーカーごとに幾つか住宅の種類を持っており、希望の種類を元に住宅を設計していくのです。全国的に展開している分、企業としての信頼度・知名度が高い点が特徴です。多くの場合は拠点ごとに営業所を持っているほか、住宅展示場などで実際の住宅を見学することも可能です。

ハウスメーカーのメリットとは

どのエリア、どの営業所で住宅を建てても、品質がきちんと保たれるように教育されています。そのため、品質面ではある程度安心することができるかもしれません。また、基本品質はもちろん耐震性などが一定に保たれているため、安全面においてはどの種類でもオプションを追加せずに暮らすことができるでしょう。

ハウスメーカーのデメリットとは

ハウスメーカーは家の構造が規格化されているため、品質が一定に保たれています。しかしそのメリットと反比例するように、住宅構造増に自由度を持たせることは非常に難しいと言えるでしょう。

また、オプションなどは基本的に追加されないような仕組みになっているため、ハウスメーカーでのオプション追加は融通が利きにくい場合や、費用が特に高額となる可能性があるため注意しましょう。

工務店・ハウスメーカーの選ぶポイントは

予算や希望する間取りなどをチェックしてみる

工務店の場合自由が利くため、理想の間取りを実現できる可能性が高い一方で、予算としてはやや高くつく傾向があるでしょう。ハウスメーカーの場合には種類がある程度限定されているため予算を抑えることができる一方で、好みの間取りを実現することが難しい可能性があります。

どちらが良いかは、住宅を建てる土地の形状などによっても異なります。一長一短の魅力があるからこそ、家族で相談の上優先度が高い内容を実現できる方法を選びましょう。

これまでの施工実績や施工事例なども参考にする

住宅は理想とする形をゼロから作り上げるものですが、その過程の中でも工務店やハウスメーカーのこれまでの実績が形となって出てくるものです。そのため、これまでの施工実績や施工事例などを見てみると、どんなデザインが得意なのか、どんな工法を得意としているのかが分かります。その会社が過去に建てた住宅の例を参考に、理想の住まいを提案してくれそうな会社を探してみるのも良いでしょう。

ハウスメーカーの場合は耐震性や長期保証など、安全面に関する実績を積み上げている会社が多くあります。対して工務店は間取りやデザインなどで個性が出せるのです。どんな部分にこだわるのかもふくめて、工務店とハウスメーカーどちらに依頼するのかを検討するのも良いでしょう。公式サイトに記載されている事例だけでなく、モデルハウスに足を運んでみるのもおすすめです。

担当者の対応

日々やりとりする担当者との相性は非常に重要です。そのため真摯にオーダーに応えてくれることはもちろん、回答などを迅速に行ってくれる担当者の方が安心感を感じられるでしょう。この相性は契約以前でも十分に把握することが可能です。しっかり見極め、後悔がないようにしましょう。

企業経営が安定しているかどうかを見る

今後のアフターフォローを踏まえても、企業経営が安定しているかどうかは非常に重要です。家は数年で住み替える場合は非常に少なく、数十年に渡り住み続けることを検討している方が多いのではないでしょうか。そのため、長きに渡り安定経営をしているという点は重要なポイントとなります。数年の評判を調べておいて損はないでしょう。

住宅性能の基準はクリアしているかチェックする

住宅性能の基準はほとんどの工務店やハウスメーカーがクリアしていますが、ごく稀にクリアできていない店舗やメーカーが存在します。もちろんあってはならないことですが、事前にきちんと見極めておくことが重要です。

また、工務店やハウスメーカーによって標準整備されている性能は異なります。住宅のどの点にポイントを置くかによって、最適な工務店やハウスメーカーを判断するようにしましょう。

第三者チェックや保証体制

住宅は人生において何度も購入するものではありません。そのため住宅に関して細かな点まで把握している方は少ないのではないでしょうか。だからこそ住宅が基準を満たしているのか、価格が適正なのかを判断できない方は少なくありません。

そのため第三者によるチェック体制や、住宅そのものの保証体制などをしっかり確認しておくことが非常に大切だと言えるでしょう。

理想の家を建ててくれるかどうかを軸に建築会社を選ぼう

工務店とハウスメーカーそれぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。内容を正しく把握したうえで、それぞれの特性や建てたい家の希望に沿った会社を選ぶことが大切です。工務店に依頼するかハウスメーカーに依頼するかは、家を建てる上で非常に重要な選択です。そのため第三者の口コミ評判などを参考に、慎重に検討してみましょう。

 
京都のおすすめ注文住宅会社はココ!
詳しいランキングはこちら
 
PAGETOP
こだわりを叶える!京都のオススメ注文住宅会社ガイド